家庭教師金額

金額調査!トライ、ノーバス、デスクスタイルetc.家庭教師情報

家庭教師 金額
家庭教師の金額って、わかりにくい?

 

これから家庭教師をお願いしたいと思っていても最初にどれくらいの費用がかかるのか?

 

どれくらいの月謝かかるのか?

 

わからないと検討することもできません。

 

そして色んな家庭教師の会社があって、それぞれ料金体系が違うので、

 

比較も難しいのが現状です。

 

こちらではそんな料金体系が見れば一発でわかる解説と

 

簡単に相場がわかるトライ・ノーバス・デスクスタイル・あすなろ・学研の大手5社の料金比較表をご紹介します。

 

家庭教師のトライ

入会金 40,000円
管理費 4,500円/月々

 

指導料
・小学生(一般)2,600円/時
・小学生(中学受験)3,800円/時
・中学生(1〜2年生)3,000円/時
・中学生(3年生)3,400円/時
・高校生(1〜2年生)3,600円/時
・高校生(3年生)4,000円/時

 

交通費 実費
契約更新料 一年に一度契約を更新する際に1万円必要
解約金解約時1ヵ月分の月謝を支払う必要がある

 

 

家庭教師のトライは公式ホームページに一切料金の記載がないので、こちらが参考になれば幸いです。地域によって金額が異なる場合がありますので、詳細は資料請求をして確認してください。入会金が40,000円(税別)で他社と比較して高めですが、定期的に開催している入会金無料キャンペーンの時期に申し込めば入会金は無料です。大手の家庭教師派遣会社となると、利益の確保のために強引な教材販売を心配する人が多いと思いますが、家庭教師のトライでは教材も販売はしているものの、購入は強制ではなく、教材を自分で購入しても大丈夫なので、好きな方法を選択が出来ます。

 

 

 

 

家庭教師のノーバス

http://www.nohvas.com/ 家庭教師 ノーバス
家庭教師のノーバス センター登録費 20,000円
家庭教師のノーバス 学習サポート費 3,000円/月々

 

小学1・2年生2,900円/1時間
小学3・4年生3,000円/1時間
小学5・6年生3,050円/1時間
中学受験生 全学年共通3,700円/1時間

 

中学1年生3,250円/1時間
中学2年生3,350円/1時間
中学3年生3,600円/1時間

 

高校1・2年生3,900円/1時間
高校3年生3,950円/1時間

 

教師交通費 定期券区間外のみの実費

 

家庭教師のノーバスでは教材販売を一切しないことをホームページで掲げているので、高額な教材のしつこいセールスの心配はありませんので安心です。初期費用も月額費用も高額な設定をしている家庭教師派遣会社がある中では安い方でリーズナブルと言えます。金額をわかりやすく比較するために独自の計算式を用いたことと、地域によって多少料金が異なるため、目安として活用ください。

 

今回は一般的なコースの概要を列挙しましたが、家庭教師のノーバスは学校に行くのが大変な不登校・ひきこもり・発達障害等の生徒専用のコースもあって、特別料金も用意されていますので、気になる方はノーバスに相談をしてみてください。

 

 

家庭教師のデスクスタイル

入会金 20,000円
月額費用 無料

 

指導料
小中高 全学年共通
60分 1,500円(税込)
90分 2,500円(税込)  
120分以降は1500円×時間

 

片道 最大400円/1回
片道400円以内で訪問可能な家庭教師を選抜します。徒歩、自転車などの場合は不要です。
?通学定期圏内の場合は、交通費不要です。
?送り迎え等が困難な場合は車でお伺いできる家庭教師を選抜します。車の場合は燃料リッター計算

 

教材費について
英・数・国  各4100円(税込)/月々
理・社    各3300円(税込)/月々

 

保証金 14,000円

 

家庭教師のデスクスタイルでは、指導料が他社に比べて格段に安いのが特徴ですが、基本的には教材の購入がセットになっているため、誰でもお得というわけではないので、注意が必要です。個人的にデスクスタイルを紹介しているサイトは指導料の安さだけを誇張表現しているところが多いので、少し心配しています。教材費は毎月固定でかかって来ますし、5教科になれば結構大きな金額になります。しかし、教科数が多いということは必然的に授業の回数が多くなりますので、授業が多ければ多いほど指導料が安いので、総合的に安くなっていく仕組みになっています。週2回以上で、家庭教師でしっかり勉強したい方や長期間を長い目で見て勉強したい家庭にはデスクスタイルはおすすめです。逆に短期集中で勉強したい方やちょっと家庭教師を試してみたい方は教材の購入や長期契約が絡むため、おすすめしません。料金体系をきちんと確認の上でピッタリの家庭教師を選んでください。

 

 

 

家庭教師のあすなろ

家庭教師 あすなろ
リンク
登録料 20,000円

 

管理・サポート費 
テキストあり 無料
テキストなし 小・中学生 9,800円(税込)/月々
テキストなし 高校生 13,400円(税込)/月々

 

テキスト代 1教科4,000円〜5,000円程度

 

小学生 2,000円(税込)/1時間
中学生 2,000円(税込)/1時間
高校生 2,250円(税込)/1時間

 

交通費は、家庭教師の定期の範囲であれば一切いただきません。
定期を外れた場合は実費(かかったとしても片道250円程度)をいただいています。

 

家庭教師のあすなろ 預かり金(保証金)16,000円

 

家庭教師のあすなろはホームページで料金体系がわかりにくいので、是非ともこちらを参考にしてください。地域によって、金額は異なりますが、仕組みについては全国共通です。まず、指導料については他社と比較して安く設定されていて、指導料についてはわかりやすく掲載されています。しかし、教材費と管理費は表部分にはハッキリ書かれておらず、指導料と交通費の合算シュミレーションしか書いていません。家庭教師のあすなろは指導料は安めですが、教材費を合わせると普通の金額です。一応教材なしのコースも選択可能ですが、その場合は他社と比べて高い管理費が毎月必要になります。指導料は安いので、必要な教材のみの購入や授業の回数とのバランスを考えて、他社より安くなる場合は良いかもしれませんが、教材の有無が成績やテストの点数に直結するわけではないので、よく考えてプランを選ぶことをお勧めします。

 

 

学研の家庭教師

家庭教師 学研
リンク
学研の家庭教師  入会金 22,000円

 

月会費 
小学生:1,700円/月々
中・高生:2,700円/月々

 

指導料
・小学生3,000円/時
・小学生(国立私立中学受験)4,000円/時
・中学生3,500円/時
・中学生(中高一貫校)4,000円/時
・高校生4,500円/時

 

交通費 定期区間外実費

 

学研の家庭教師はスタンダードな料金だと感じました。入会金は無料の会社もありますが、学研は高くもなく、安くもなく。月会費も他社と比較して高くもなく安くもないと感じました。指導料も上記のデスクスタイルやあすなろと比較して高いですが、全体から見て凄く高い印象もありませんでした。また、最初の時点で保証金の支払いがない部分には好感が持てました。教材もありますが、必要なら購入すればいいだけで強制ではありませんし、気になった方はサイトをチェックしてみても良いかもしれません。入会金については定期的に無料サービスキャンペーンもしているので、そのタイミングを狙うのも良いかもしれません。

 

 

管理人からの補足

 

税金表記について

こちらのページでは(税込)の表記がない場合は基本的に税抜の金額で表示しています。全てを税抜の金額に計算し直したかったのですが、端数になったり見にくくなる場合は仕方なく(税込)という表記をさせていただきました。

 

 

 

独自の計算方式について

こちらのページでは指導料の表記を1時間単位に計算し直しています。また、指導料の単価を公開していない家庭教師の場合は可能な限り情報収集をして独自に計算を行っています。コースによっては教材とのセット割引になっているものがあったり、30分と90分で長い方がお得だったりするので、実際の金額とは異なる場合も多々ありますので、あくまで目安としてご活用ください。交通費等の兼ね合いもあるので、最終的な金額は資料請求をして頂くのが良いと思います。

 

 

地域によって金額が異なる件について

家庭教師の金額は基本的に地域によって変わります。その金額は公開している会社と公開していない会社があります。家庭教師のトライについては金額自体をホームページで公開していません。その家庭教師の会社がどの地域に支店が多く、どこに本社があるのか、どの地域に強いかによって変わりますので、全てに対応できなくて申し訳ありません。

 

交通費について

家庭教師が派遣されて来るに当たって、「先生の自宅からの往復なんて毎回いくらかかるの?」なんて心配される方も多いようですが、大丈夫です。基本的にはなるべく近所を活動範囲にしている先生を優先して選びますし、定期券の範囲内ならば無料の会社がほとんどなので、最寄り駅から徒歩圏内なら交通費はかかりません。また、最大料金を設定していたり、徒歩やバスが難しい場合は車で移動できる先生を派遣してくれる会社もありますので、交通費についてはあまり心配する必要はありません。

 

保証金について

色んな家庭教師の情報を調べていてもなかなか聞かない言葉かもしれませんが、家庭教師派遣会社によっては入会時に保証金(預り金)が必要になる会社があります。これは授業料などの支払いが滞納されたときに充てられるお金で、何も問題がなければ最後に終了するときに返金されます。アパートなどの賃貸住宅を借りるときに最初にかかる敷金みたいなものですね。なんかこちらを信用していないみたいで気分が悪いですが、それだけ滞納する人が多いということですね。残念なことです。

 

個人契約のプロ家庭教師について

このサイトでは理由があって個人契約のプロ家庭教師を推奨していません。学習塾の講師をしながら個人で家庭教師をしている人は全員が優秀な先生というわけではなく、1コマ当たりの時給をアップさせたいという理由だけだったりもします。
詳細はこちらのこれで受験は大丈夫!安心できる家庭教師の3つの選び方に書いていますので、合わせてご覧ください。

 

おまけ

家庭教師で家に来るとお茶・お菓子・食事を出さないといけないというイメージを持っている人がいますが、全く気遣いは不要です。そういうことは一切しないでくださいとホームページで明示している会社もあります。

 

 

金額・料金以外の詳しい情報はこちらに記載しましたので、こちらも参考にしてください。
家庭教師の相場はいくら?ママのための口コミ・料金・選び方情報